私の好きな映画、10本。

b0203475_20422457.jpg


私の好きな映画10本。無理…10本なんてね。
好きな映画が兎に角たくさん!ありすぎる!!
スゴイ!って思った映画はたくさんある、細分化するとキリがなイ。
映像美!とかカッコいい!!とかそういうのもたくさん。
だけど、どんな映画好きなのか…私が好きな映画ってなんだろう…
なので映画が好きな私の母に「私の好きな映画はこれ!」って見せるなら
ということで、10本選びました。いざ。

ウィズネイルと僕 1987年
愛しい人が眠るまで 1991年
フォーウェディング 1994年
この森で、天使はバスを降りた 1996年
ホームフォーザホリデイ 1996年
オスカーとルシンダ 1997年
マグノリア 1999年
リトルダンサー 2000年
リトルミスサンシャイン 2006年
チョコレートドーナツ 2013年
(制作年順)

月に一度は映画館で映画を観ているけれど古い映画が多い。
20本なら簡単、たぶん。だけどそこから10本にすると、
どんどん最近の映画が消えていく。
基本的に、笑って泣いてケンカして、うまくいったと思ったら
挫折して、でもそれでも顔を上げて歩き出す。そういう話が大好き。
そして何度も繰り返して観たいと思える映画がいい。
悲劇的な最後でも、じんわりと温かくなるようなものがいい。

まず「ウィズネイルと僕」私の青春もいつか終わるんだってさ…って
観終わった時に思ったという事を思い出して苦笑いする。

「愛しい人が眠るまで」幽霊になって現れた恋人が、
キスする前に自分の唇を擦って温めるシーンが好き過ぎる。
アラン・リックマンがこれでもか!ってカッコいい。

「フォーウェディング」邦題では4つの結婚式だけですが、
唯一あるお葬式のシーンが一番好き。Funeral Blues、検索。
思い出し泣きしそうなほど好き。

「この森で、天使はバスを降りた」ずっと昔に観たのに思い出す静けさ。
そして叫び。人の猜疑心って恐ろしい。やるせない気持ちになるのに好き。

「ホームフォーザホリデイ」家族のウザさと愛情がいっぱい。
名優の監督作って期待はずれなものが多いけど、これは別!
ジョディ・フォスター、凄い。監督作は目が離せない!

「オスカーとルシンダ」主人公2人の愛の結晶”ガラスでできた教会”を
オーストラリアの僻地に運ぶという破天荒さがロマンチック。
愛する人のために自分の身を投じる曇りなき純粋さ。
レイフ・ファインズの可愛い役ってこれしか見た事ない!貴重。
そしてエリザベス前のケイト・ブランシェットが良過ぎる。

「マグノリア」もうわけが分からないくらい愛おしい。
憂鬱に張りつめたものがパーッと破裂するような爽快さ。

「リトルダンサー」この映画の場合バレエだけど、夢中になっていく
姿が眩しい、そういうものに出会う喜びを感じる。
親子愛師弟愛、ビリーをとりまく人たちの温かさが好き。
そしてマイケル…大好き。マイケル、何してるのかなぁって思ったりする。

「リトルミスサンシャイン」これもまた家族の話。
家族がトラブルに見舞われながら、ちょっとだけ保ち直すのがいい。
お母さんのこれ以上ないっていうグッタリ顔がたまらん。

「チョコレートドーナツ」決して幸せなエンディングではないのに
明日への希望がある。
アラン・カミングの歌声は励まし赦すような温かさがあって素敵。

そして枠外、いやこれはもうゼロ、私の原点。
私の好きな映画といって欠かせない「サウンドオブミュージック」
もし1本だけ好きな映画をあげるなら間違いなく、迷いもせずこれです。
私が一番最初に好きになった映画、好きになる切欠になった映画だから。
美しい景色と音楽、歌がいっぱい。
今は「何かよいこと」が響いてくるけど、10代は「自信を持って」、
20代は「全ての山に登れ」に励まされていました。
いつも私のそばにある、そばにあると安心な映画です。

これからも好きな映画に出会ったらこの10本も変わるのでしょうか。
どうなんだろう、まだ見続けなければ。
[PR]
by tatsukobb | 2014-09-09 20:43 | 映画 | Comments(0)