<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0203475_17177.jpg

昨日は花奈の七五三でした。
はー、長かったと言うのが感想です。
当日はスムーズに運んだんです、写真館でも天満宮も。
せやけど準備が長かったがな!かれこれ3ヶ月くらい着物の直しやらの準備に時間と気を取られ、
(と言っても母親がやってくれたけどね、私は気持ちだけ忙しかった。)
草履や帯はどうするか〜買うがいいか借りるがいいか、写真館に頼む頼まん、などなどなど。
兎に角行事ごとはキチッとしなきゃ気持ちが悪いなーとか、
普段ハンカチにアイロンがあたってなくても気にならないし、
そもそも日々ハンカチも忘れるようなグウタラな私ですがこういう事は違う話。
アレコレ思いめぐらせて、元々気が小さくてビビりなので前日眠れない、とかそんな状態。
まぁいつも蓋を開けてみたらすんなりと回って終わるのだけど。そして今回も同様。

花奈は思ったより楽しげに、静かに着物を着せてもらい一生懸命歩いて、
おじいちゃんおばあちゃんに可愛がられて道行く人にも声をかけられて、
そうそうこの子は心配せんでも大丈夫な良い子なのよ、
と帰り道我が父に背負われる花奈を見ていて思いました。

ああ兎に角、年内のビッグイベント終了!
[PR]
b0203475_1714613.jpg


本州と淡路島を結ぶ明石海峡大橋ができるずっと前から
明石と淡路島を結んで愛されてたタコフェリーが11月15日で運休するということを知って、
なーんとなく花奈を乗せたくって先週末に出かけてきました。

タコフェリーは5年くらい前に大塚美術館へ行った帰りに利用した時に乗りました、一回だけ。
ほんの30分の乗船時間ですがビールを飲んでホッコリした思い出があります。
その時よりもユルキャラブームに乗っかってでしょうか、
キャラクター装飾で幾分ファンシーになったタコフェリー。
もうすぐお別れ…と寂しい雰囲気は無く、私たちみたいに期限ギリギリ駆け込み乗船者
っていう人も多かったようで大賑わい!大盛況!
盛況すぎて運行時間大幅に遅れて職員テンパリで、とっとと港に降ろされて船の写真も撮れず。
でもまぁ花奈が船を楽しんだ事と海がキラキラしてる!とはしゃぐ姿を見られて良かった、か。

島に着いて、車でちょっと走って淡路花さじきという公園へ。
海を見渡す公園の丘一面に季節の花が揺れて美しいところでした。
前に行った有料公園よりよっぽど見応え十分。芝生に転がり、走り回りました。
花奈もこの頃随分走ったり飛んだり跳ねたり逞しくなったので楽しんだようでした。
帰りは明石海峡大橋を通って夕日が瀬戸内海に沈むのを眺め、
チャイルドシートで速攻寝てしまう花奈を見つつ、喉かな休日終了。

一週間たって、今朝の新聞に『タコフェリー 予定通りの運休後、来年春に再開』
というニュースが載っていました。
…急いで乗りに行った甲斐は無かったけど、なんかホッとしました。
橋なら2分くらいで渡れるけれど、車で渡れない人もいるだろうし、身ひとつで渡りたい人、
バイクで渡りたい人、あえてのんびり海を渡りたい人など、
まだまだ必要とする人がいる事を喜ばしいなと思いました。
来年の春、花いっぱいの淡路島にフェリーに乗って行きたいと思います。
[PR]
久々の更新です、お許しあれ。
b0203475_18253097.jpg

さて、先週は念願のファッション誌のお仕事に参加してきました。
仲良しのスタイリストさんと「こんなんしたいなー」と話していて、
2人で何気なく誌面をよく見たらスタイリストさんの知り合いのカメラマンさんの名前を発見!
こっからが早かった。カメラマンさんに連絡して、そろそろ次の号の話が来るよー
言うといたげるわーと話を聞いてヤッタ!ヤッタ!と喜んでいたら、
お金は出ませんが作品作りとしてやってみませんか?と声がかかったんです。
人のつながりって面白いし、大切だなと思います。

お金になるのはもう少し先でもいいや、やりたかった事が叶ったほうが嬉しいから。
16ページ、好きなようにしてもいいと言われて、本当に好きなように考えて、
それが思っていた以上に美しく目の前に出現した、夢みたいな充実感でした。
撮影に参加したクライアントさんもテイストや構成を気に入ってくれて、
表紙用の素材としても使ってもらえる可能性が出てきました。
そうなったらもうこれは2度3度とあるかもしれない?
販売は来年の2月です、できあがったらまたお知らせします。是非見てくださいませ!
[PR]