<   2016年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

b0203475_2115386.jpg


この半年ずっと楽しみに待っていた映画「キャロル」を観に行きました。

パトリシア・ハイスミスが偽名でしか出版できなかった小説が、色を纏って動き出す。美しい横顔や街や郊外の景色、タクシーの窓の雨粒や舞い散る雪、タバコの煙。トッド・ヘインズ監督の切り取るシーンは細やかで薫りまで映りこちらに伝わるようでした。

1950年代のアメリカ、何不自由なく暮らしているエレガントで美しいキャロルとフォトグラファーに憧れるあどけなさの残るテレーズは出会う。だけど、離婚調停中のキャロルは夫の飾り物の人生ではなく自分自身の人生を見つめている。テレーズはまだ自分の人生が見えず、そのことにも向き合えずにいる。そんな2人が出会って惹かれあい、真に生きようとする物語。
原作では(珍しく原作を読みました)テレーズの視点のみで語られていたけれど、映画では2人が主役になっています。読解力のない私にはキャロルがテレーズを見つめる視線を読み取れなかったけれど、映画では2人の視線がしっとりと重なり合うことで、言葉なんて意味をなさないもののように思える。天から降りてきたようなテレーズが、どう言葉にすればいいのかわからない感情に揺さぶられ、その気持ちにキャロルが応える。だからラストシーン、これから待ち受けることがなんであれ私とあなたなんだという「終わりのはじまり」に嗚咽を我慢して画面を見つめてました。

夫がいて子供がいて、だから妻で母親であるけれど同時に私自身でもある。私は「まるっきりすっかり私」である時間が欲しくて絵を観たり寒いベランダでコート着て珈琲飲んでみたり手芸したり散歩したりして1人の時間を作っている。その中で一番好きな時間が、大きなスクリーンに映し出される映画を観ている時間。馬鹿げてるかもしれないけど私にはとても大切な時間。今日の大切な時間に、この映画に出会えてよかった。
[PR]
b0203475_18324773.jpg


公開ほやほやの「オデッセイ」を観に行ってきました。新年3本目。
水も酸素も通信手段もない火星に取り残された(おまけに怪我までしてる)植物学者が地球に帰るまでのサバイバルストーリー。

完全なるひとりぼっち、ひとりぼっち中のひとりぼっち、太平洋ひとりぼっちなんか目じゃないキングオブひとりぼっちという状況で、人は何を思うか、何ができるか。
こんなところで死にたくない!その一念で一つずつ問題をクリアしようとする姿(勿論失敗もする)、マット・デイモンから感じる根幹にある明るさやユーモアのおかげで悲壮ではなく、彼ならなんとかするんだろうと思えてしまう。これがクリスチャン・ベールだったら??ブラッドリー・クーパーだったら?クリス・プラットだったら???ぜーーーーったい生き残れない。重低音が響く中でうずくまってとりあえず3日は泣いてるか、生きて帰っても廃人状態か、全てを投げ出して筋トレするしかないと思う。
でもマット・デイモンなら違う、ゼッタイ。「彼なら生きて帰れる!」って信じられた事がこの映画の大きな勝因な気がする。マット・デイモンをキャスティングした人にトロフィーあげたい。

火星での奮闘と、寝る間を惜しんで対応するNASAの皆さん、そして地球へ向かうかつてのチームメイト。この3つのパートがそれぞれによかった、様々な国にルーツを持つ人たちが円陣を組むような、手に手を携えるような姿に胸が熱くなった。

音楽の使われ方も秀逸だった。趣味の悪い80年代のディスコミュージック(私は大好き!)が人と人を繋ぐ素敵な役割をし笑いを増幅させ和ませ、火星ときたらボウイ流れるでしょう???の予感的中!素晴らしいシーンに使われていました。大泣き、必至。

胸が熱くなって泣いた。そしてまさかというくらい笑った。火星という場所でなくても目の前にある問題を投げ出さないでひとつずつやり遂げようと知恵を絞ることをしようと思う。
帰り道、人は生きるために生きてるんだなぁとシミジミ考えていたら、エンドロールの「I Will Survive」を思い出し、笑いながら帰った。いやぁー楽しかった。
[PR]