b0203475_20442690.jpg


男兄弟のいない家で育ったので、怪獣ごっこには触れずに育ちました。
右手にヒーロー、左手に怪獣を持って戦わせる…人形ごっこの男子版、
未だに仮面ライダーだ、ガンダムだと言っている大人は意味わからん!
(自分はいつまで乙女チックな妄想が好きなのは棚に上げて)と思ってるし
怪獣と恐竜を言い間違えても、そんなんどっちがどっちでもいいわ!と思ってる。
甥っ子が正月に嬉々として仮面ライダーのおもちゃで遊んでいるのを見ても
あー男子はそんな事が楽しいのかい、ふーーんと多分冷ややかな目をしていると思う。

そんな私が「パシフィック・リム」は予告を見ていて驚くほど胸が熱くなったのでした。
どうなん?ロボットとか興味ないのに…胸が熱くなる感じ、手に汗握る感じ!マジか?

マジでした。いや〜間違いなく胸熱な映画でした。それがわかってホッとしています。
まずイェーガー(ロボット)とパイロットが心を通わすんじゃなく、
パイロット2人がペアとなって脳と脳をシンクロさせて戦うというのが胸熱。
右脳左脳の役割をし、一体となって脳味噌丸見え(お互いの記憶、という意味)にして、
どんどん進化していくKAIJU(怪獣)と、もがき苦しみながら戦う。
音楽も良い。最初のもビルスーツ装着を見せていくシーン、
戦いに挑む姿が映し出される度に流れる主題曲はロッキーのテーマ級にアガります。

そしてイェーガーがバッチリ金属であるというのもまた良い。
ガキーン、ジャキーンとぶつかり軋みながら動く姿にただただ魅せられる。
KAIJUは正直どれもあまりわからなかった、色が同じだったし。
先日から見ていたNHKの深海のサメとかダイオウイカとか思い出すような
リアルな雰囲気が不気味さをたたえていた。だけど動きが速すぎる!暗すぎる!
なのでよくわからん分、イェーガーがカッコイイ!となる、それで良い。それが良い。
イェーガーは街や人を守ると言いつつ、ガンガン破壊しながらやっつける、
自分もボロボロになりながらやっつける。胸激熱。
イェーガー、街どうすんの?っていう、ウルトラマン、街壊してるやん?
っていう謎は相変わらずではあるが、その辺は「街は復興するのである」という感じで
とりあえず修めておいて、アメリカ・ロシア・中国・オーストラリアのイェーガーの
お国柄の出た造形、ロシアのパイロットのジョジョ?みたいな風貌なども楽しい。
引退後も語り継がれる英雄イェーガーが日本のものっていうのが格好良くも悲しくもあり。

オープニングからエンディングロールに至るまで胸熱なこの映画はオススメ。
小中学校の男の子は学校から連れてって見せるべき、
そして女の子は馬鹿な男の子を理解するためにも見るべきです。
私も次の正月は甥っ子を温かい目で見られるかもしれない。

あー誰か早く観て!ここで泣いたわ!!っていうシーンを語り合いたーい。
[PR]
# by tatsukobb | 2013-08-21 20:54 | 映画
b0203475_1793079.jpg


感想にはなっていないけど、書きます。

零戦の設計士だった堀越二郎と、小説家の堀 辰雄の小説「風立ちぬ」
この2人の人生、物語をあわせ、できた物語。
ジブリでははじめて大人の男性(と言っていいのかどうかわからないくらい
ちょっと浮世離れした感じがしないでもないが)を主人公にした映画。
でもこの主人公・二郎は宮崎駿なんだろうなーとか思ったりしながら観に行きました。

で、詳しくは、兎に角ジブリのホームページの駿の企画書を読んでください!以上!
みたいな感じで、何も言いたくない、このまま私の心にいつまでも漂っていて欲しい
放っておきたいってくらい、口にしたくない映画でした。汚したくない。
でも他に見たい映画がこの後いっぱいあるから決着をつけなきゃいけない。

観て思ったのは、「紅の豚」のこと。
ポルコ・ロッソが空を見上げると飛行艇が空を埋め尽くしているシーン。
ポルコはあそこで上には行かず留まる。
あのシーンを見るといつも「生きろ。生きてろ。」って事を感じる。
ポルコは仲間と一緒に死ぬ事を許されなかった、豚になって生きろ、
兎に角生きていろ!って。生かされているとかそんなんじゃなく、生きてろ。
んで黙ってポルコは生きてる。
二郎さんは戦闘機を作ったんじゃなく美しい飛行機を作った。
美しいものは優れているはずだという信念を持って挑んだ夢の飛行機。
たった1人の女性のために作った飛行機。ただそれだけだったんだと思う。
戦争責任の有無なんか、ない。あくまでも夢に向かって突き進んだ男の人の話なんだ。
だから「生きろ」「生きてろ」ではなく「生きねば」なんじゃないかなぁ。
最愛の人をなくして、自分の設計した飛行機に乗った人がたくさん死んで、
国が焼け野原になっても、貧しくても、それでも生きねば。黙って、生きねば。

私は何にでも命がけだった時代の物語が好きだ。今もそうできればいいのに。
遮二無二なって、でも自分のできる事をする。精一杯する。力の限り。
二郎は夢の中で「ニッポンの少年よ、風は吹いているか?」と
イタリアの飛行機設計士カプローニに出会い、問われる。
夢なのか心の中なのか、何度も二郎に問う。この問いかけが響いてくる。

生きる。息吸って吐いて、喰って寝て、愛して育んで働いて。
それだけじゃない何か、生きているっていう気持ちを探したくなった。

なーんでもない日記でごめんなさい。
[PR]
# by tatsukobb | 2013-08-21 17:12 | 映画
ブログに映画日記を移行したものの
長々とブログで書くほどでもないよなぁーっていう映画(失礼!)
だったのでまとめて感想を書きます。

「モネゲーム」
脚本コーエン兄弟で、コリン・ファース、キャメロン・ディアス、
アラン・リックマン、スタンリー・トゥッチというキャストが揃っていながら
小気味よさが足りないなぁーっていう感じ。
とりあえずリックマン氏のヌードが前後ろ見られて嬉しかった!という
変態な感想しかない、悪くないけど良くもないという悲しさ。

「セレステ&ジェシー」
アメリカ版「最高の離婚」という感じかな、とっても好きな映画。
メキメキ働くセレステとアーティストのジェシー、
ベストフレンドな2人だけど結婚、家庭を築くのは難しい。
別れを描いているけどその決着がすごく爽快で、不思議に暖かい話でした。

「華麗なるギャツビー」
豪華絢爛!ファッションもジュエリーも美しかった!パーティ最高!
待ちに待って観に行ったけど、やっぱデカプリオ苦手だ!!という結論。
女どもが逞しかったなぁ、あぁいつの時代も一緒か。

「ローマでアモーレ」
ウディ、街を愛でるシリーズ(勝手に命名)のイタリア、ローマ版。
最初と最後、要所要所に「ボラーレ!」が流れるのだが、
はじめて歌詞を知って、ふわーっと泣きそうになってそのまま夢見心地でした。
「飛べ!歌え!」と言っているこの歌の陽気さと逞しさ、
人生は喜劇であるほうが幸せだよなぁー笑っていたいよなぁー、
そしていつも何かに夢中でいたいなぁ、と思ったのでした。

「アンコール!!」
私の好きな「リトルダンサー」「リトルミスサンシャイン」
「カレンダーガールズ」「グリーンフィンガーズ」「キンキーブーツ」など
目の前にある壁にぶちあたり、歯を食いしばって登って越えて行く人の話が
大好物なのでこの映画は直球どストライク。
両親、妹そして自分の家族の事を思ったりしてオイオイ泣いた。
死期迫る奥さんに「もうワシは長いこと君を幸せにしていない」と言うジイさんに
「しかめっ面したあなたと出会った時から、付き合う覚悟ができてたの。
幸せじゃなかった事なんて一度もないわ」って奥さんが答えて、
ジイさんが奥さんの肩に頭を乗せる後ろ姿にカットが切り替わった時、
涙で画面が見えなくなりました。はぁ、思い出して泣きそう。

「25年目の弦楽四重奏」
緊張感のある弦楽四重奏のカルテット、人生の多くの時間を共に過ごしてきた
4人の関係が一気にガラガラと崩れて、そして新しいカタチを作り始める。
目を配り、気を配り一曲を4人だけで奏でる四重奏の緊張感。
説明を排除して四人の関係をこちらに理解させる映画特有の緊張感が
緩んでも切れる事のないヒリヒリしたものをカルテットと共有しているようで
凄くスリリングでした、それもまた静かなスリル。見応えありました。

5月から7月の映画感想。
本当は7月の最終週に「風立ちぬ」も見たけれど、これは次にしっかり感想を、
というか思いのたけを書きたいと思います。
[PR]
# by tatsukobb | 2013-08-04 18:22 | 映画
ミヒャエル・ハネケ監督「愛・アムール」を観てきました。
なかなか観に行く時間がもてず、ギリギリになりましたが
観ることができて本当によかった、と思います。

ピンと張りつめた緊張感ではなく、一定の静けさの中で語られる
穏やかな緊張感のある映画でした。
そんなテンションで描かれる老夫婦の終焉。
冒頭で結末が明かされるので、その結末へ向けて覚悟を決めて
見守るような、ちょっと息苦しいような気分。

人生がつまった部屋で長年連れ添い強い絆で結ばれた2人、
尊厳を持ち続けたいとする妻を静かに夫が介護する暮らし。
離れて暮らす娘夫婦やヘルパーとの衝突を越え、
孤立しながらも、衰えていく妻を愛し慈しみながら、
終わりを探しているような夫。
そんな姿を多くを語らず見せる手法はドキュメンタリーのようでした。
ラスト近く、あぁもう、ここなんだ、と感じた時に、
どわーっと涙が出て止まらず、無音で流れるクレジットをぼんやりと
ただ静かに見つめていました。

観終わってバタバタとしてしまったので家に帰ってから
色々な断片を思い出して繋ぎ合わせて、
自分の中で整理できた時、改めて涙がジワジワ溢れました。

b0203475_17205498.jpg

[PR]
# by tatsukobb | 2013-04-24 17:22 | 映画
主演のグレン・クローズが舞台で演じてから
長い間映画化を熱望し、企画を温めていたのだそう。
監督は「彼女を見ればわかること」「美しい人」「愛する人」 など
監督をしてきたロドリゴ・ガルシア。大好きな監督です。
「アルバート氏の人生」、じんわりと染みて来る映画。
でも予想外にクスッと笑えるところも沢山あったりして驚きました!
いや、そりゃそうだ、人生楽ありゃ苦もあるさ、です。
ほんわかしたところもあり、人間愛に満ちた映画だなと思いました。
この監督の映画は、そう、いつも優しいまなざしを感じます。

主人公のアルバート・ノッブスが生きたアイルランドの街。
男性女性とかに限らず階級や差別のある世の中で生きることの厳しさ、
生きることが絶望と隣り合わせであるのにそれでもなお生きる。
本当に、人生は厳しいけれど生きる価値がある、のだろうか。
そーんなことを思いながら観ていたら涙がボロボロこぼれてきました。

「なんという惨めな人生か」と言われてしまうアルバートさんだけど、
どうだったんだろう。本当に惨めなだけだったのかな。
辛いけれどそれでも日々に生き甲斐を見いだしていく、
人間って図太いところがあるんだなぁとも思ったし、
あっけなく奪われたり、すり替わったり羽ばたいたりできるんだ。
勿論逃げ出す人もいるけれど、それでもやはり生きるということ、
この難しい問題は 挑む価値のあるものだな、と思いました。

b0203475_16291265.jpg

[PR]
# by tatsukobb | 2013-04-03 16:30 | 映画