b0203475_0181587.jpg

長らくボブにしておりましたが、本日無事ヘアカットしてまいりまして、
ショートにしてきました。ボ部からの卒業です。

ティルダ・スウィントン的なクールなショートにしたいなと
前髪が伸びるのを待って待って待っていたのですが
そもそも似合うんか…と。あんなクールな顔してへんし!!と。
このところ読んでいた漫画に出てくる女子は素敵なショートをしていて
その颯爽とスッパリサッパリしている姿にも感化され、
格好いいショートな人はおらんかな、生身の女子で…
雑誌の中にはやはりロングが多く参考にならず、
撮りためてるHDを見ていたら梅佳代とか出てきて、
やっぱショートよな、黒髪でキリっとしてていいよなーと
徐に見た情熱大陸!TAOちゃん!!!これや!!
スタイルは違うけど、身長も10センチくらい違うけど、
私、TAOちゃんみたいになりたい!てことで写メ撮って
美容師さんにお見せしまして、お恥ずかしいことに。
久しぶりのショートになってみました!清々しい~いい気分!
これでピアスもいろいろ楽しめるわーアイメイクもキチっと張り切るわー

さようなら~ボブ!ありがとう~TAOちゃん。
[PR]
# by tatsukobb | 2011-03-24 00:19 | つれづれ
被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。

毎日毎日テレビは報道し続け、確かなこと不確かなことが混乱し
情報の時差で混乱を極め、どの町も冷静さを失っています。
もしかしたら被災地の人たちが一番静かに列をなしているのかもしれない。
なので、だか、そうでもなくなのか無力感でいっぱいで、
ブログを書くような気分にもなれず、だけど勝手にそういう気分もなー
と思って今日久しぶりに書き込んでいます。くだらんつれづれを。

何ができるか、私には何もできないなー、お金も微々たるもんやしなー
と思っていたら松山千春の言葉がtwitterで目に飛び込んできました。
「知恵がある奴は知恵を出そう、力がある奴は力を出そう、
金がある奴は金を出そう、『自分は何にも出せないよ・・』
っていう奴は元気を出せ」
なんつーわかりやすい、ストレートの言葉か。

だから私は元気を出そうと、本屋とCD屋に行きました。
小説を読むほど集中はできないであろうと思い、漫画に手を出しました。
私は生涯まだ10作くらいしか漫画を読んだことがないので悩みましたが
まずは自分の勝手に沈んだこの心の救済のためです、
知らない世界にチャレンジです。手始めに東村アキコの「海月姫」。
試し読み冊子で読んで笑いのツボと絵のうまさに安心感を覚えました。
なので一気に6巻まで買いました。大人って素晴らしい!
絵がうまいので変なストレスもなく楽しみました。
が!まだ連載中ということで、先が気になってしゃーない!!
気分が落ち着かないので次の漫画を探しに出かけました。

私の「漫画番長」にメールしてオススメを聞いてみましたら返信メールで、
「タツコさんの恋愛傾向て、どんなん?」と来ました。
ただ漫画を買いに来てそんなことを聞かれるなんて!
漫画ってそういう領域に踏み込んでくるのぉ?「深夜食堂」みたいな
ほのぼのでもいいと思ってたので怯みましたがそこで恥を惜しんで、
「…私、本来は枯れ専です。」と返事しましたら送られてきたメールが
「じゃ『娚の一生』で!」と即答で帰ってきた。
「これいったい何て読むの?」ではありましたがさっそく検索、
「オトコの一生」と読むのだそうで、作者は西 炯子。

漫画のコーナーでウロウロウロウロ20分くらい過ごしました。
背表紙見てただけではどうやって探していいかわからん!
いっぱい出版元があるし作家別っていうのでも調べられずギブアップ!
こういう時はやっぱし店員さんに聞くの?
「あーこの人そうなんや、枯れ専なんやー」って思われなアカンの?…
そこまで考えんでいいかもしれんが私が店員ならニヤっとするよなー。
もうわからん、帰ろう…と「海月姫」を買ったコーナーへ行ってみると、
並んでるやないか!隣に!!娚の一生、全3巻完結!!ありがたい!

「娚の一生」。51歳の大学教授と35歳のOLさんの恋模様。
絵が甘くてちょっとファンタジックなところは気になるものの
デッサン力が高いのがわかる画力はスゴイなーと思う。
ラストに起こる大地震が今の状況とちょっとリンクしたんで
びっくりしたけど、けど、けど重要なポイントとして52歳の大学教授。
いやいや51歳なんて枯れてないし!!全然枯れてないし。
もう一回言う、全然枯れてないし!52歳なんかなんぼでもできるやん!
そういうのアカンの、枯渇してるっていうんじゃないとアカンの、私!と
さっそく番長にクレームをつけてしまいました。
で、結局「そんな枯れたの私興味ないもん!」と言われる始末で、
奨めようと思ってたけどコレも無理かな、
と「LOVE HATE LOVE」という52歳と28歳の恋愛ものを
教えてもらい買いました。もう、枯れ漁り。
期待しなかったこちらは話もシンプルで1巻完結。
絵は下手だなと思ったものの52歳が生き生きしてなく
おまけに萎びてたんで良かった。うん、つくづく良かった。

それにしても漫画って難しい。
話は好きだけど絵が好きでなかったらうまく世界に入り込めない。
小説のように頭の中で繰り広げられないから難しい世界。
だから好きな世界に出会うとグンとのめり込むのだろうか。
あー65歳くらいの男性と30歳くらいの女性の恋愛漫画ってないのかなー
オレを萌えさせてくれよ、ほんと誰か。笑
b0203475_1173511.jpg

[PR]
# by tatsukobb | 2011-03-20 01:20 | つれづれ
b0203475_17245928.jpg

そういえば雛祭りも無事に過ぎまして冬のイベントが
ガッツリ一段落という気分。
クリスマス-お正月-花奈の誕生日-バレンタイン-雛祭り。
仕事も気分も忙しい時期のイベントは面倒!の一言に尽きる!!(笑)

まぁ花奈の誕生日は楽しいイベントだけど、花奈が産まれた年の雛祭りが
お宮参りと同時で、それも両家の両親が我が家にやってきて
お食事会をしたものだからその記憶が甦って未だに気分が重い。
産後初のお祝いだけど、私は産後1ヶ月の身体で顔も浮腫んでるし、
まだまだ授乳時間とかなんとかかんとかに慣れず大変なのに、
お宮参りの着物がどーの、食事の手配がどーの、で、どーすんの?
って気ぃ遣いぃの両家の母が私を媒介にするもんだからパニック寸前、
イライラがつのるイベントでした。
とはいえ恙なく終えられたんで、良かったのですけれどね。

今年は私もゆったり支度できるようになり夫も家に居たので
家族でお寿司を食べてのんびりと過ごしました。
可愛いお雛様もニッコリ微笑んで見守ってくれてるような気分でした。
[PR]
# by tatsukobb | 2011-03-09 17:26 | はんな
b0203475_155710100.jpg

今期ボーダーがいいな〜、カラフル色合わせやっぱいいな〜と思いつつ、
それっていつもと同じか?と、春夏のオサレは自分的には動きナシ気分。
とは言いつつ、いつもトップスがボーダーばかりだから、
今年はスカートかパンツにボーダー持ってきたい気分でおります。

最近ナチュラル形の洋服カタログ製作に参加してるので
雑誌もそういうの見て勉強しているし、
影響されてMOHEDA TOFFELNのサンダルまで買って
ナチュラルな私も良いのかもな…
と思ったものの目に付くのはやはり色物。色んな意味で。
好きなんですよ、でもなんかそれだけでは物足りない私。
そして画像は最近のお買い物。あのぉ、ナチュラルは?笑

b0203475_15564163.jpg

左はアウトレットで売れ残ってた半袖柄シャツ。色が渋くていい。
店を3周しても残ってたから余程の残り物なんでしょう。
その右、光沢ありで一瞬ゴールドな芥子色の長袖はGAP。
胸元のペランペランが可愛いゴージャス。
しかーし流石GAPなダサい白ボタンが付いてたんで1番上だけ変更。
他は隠しボタンなんで助かりましたが、やはりボタンは大事だな。

その右の白シャツは無印。なんと1枚も持ってなかった白シャツ!マジで。
そもそもシャツはアイロンが嫌いなので敬遠しがちですが
衿にリボン通したり、紳士物の古着ベストとあわせて
メンズな感じにして着ております。たまには白もいいもんです。
そして一番右のはスカート。形はフレアで結構ミニ。
チョットした腹隠しにも使えそう。笑
ニット生地でできているので夏以外は着られるかな。

オサレって大変、でも止められない!止まらない。
代わり映えのないコートやダウンを脱いで春夏物を着て出かけたい!
[PR]
# by tatsukobb | 2011-02-21 16:02 | 買い物
b0203475_16543766.jpg

たまにはお化粧品のお話でもしなければ女子力が下がる一方なので
今日は私の好きな化粧品のお話を。

私が好きなコスメというのは基礎工事のほうじゃなくって外壁装飾の事。
基礎にはお金をかけたくないけど、装飾にはなんぼかかけてもいい…
という考え方です。
だって見ているだけでうっとりキレイで楽しいんだもん。
持ち物はほぼ100%見た目重視なので化粧品も同じ事。
パッケージが一番好みだったNARSをココ数年は偏愛しています。
お金のある時に買うだけなんでシーズン毎に買ったりはしません。
だってシーズンごとに好みは変わらないし、
そもそも壁が(顔が)変わらないんだから!

見た目が好み!と言ってもやはり発色が綺麗なのが好きなところです。
そして一番好きなのは2色コンビで入ってるアイシャドーの色合わせが
パターンも多いし、面白い組み合わせが多いという点。
金と紫の『王朝カラーコンビ(夫曰く)』は使う事を考えるよりも
先に買ってしまった色合わせでした。
日本のコスメでは売らない・売れないであろうチョイス。
使いやすい色合わせも売っているけど、そういう中に冒険がある。
仕事にもちょっと刺激をもらっている気がします。

とはいえ普段はフレッシェルとシュウ・ウエムラのルースパウダー、
マスカラとアイラインにちょっとチークか、
マジョマジョのチークもリップもこれ1本!な簡単メイクですが。w

しかしそろそろ基礎工事だって怠ってちゃいかん年頃なんですがね…
いやもうとっくに来てるさ。わかってるさ。
[PR]
# by tatsukobb | 2011-01-26 16:58 | つれづれ